2017/10/11

The Greatest Conflict

M3-2017秋新譜「さよならスイッチさん(Goodby, switchworks)」のタイトル曲となる
The Greatest Conflictという曲について少し触れておきます。


何を隠そうこの曲は14年も前に少しだけ書いて即座に廃棄した没曲のリバイバルになります。
没曲どころかこの曲は「恐らく駄目だろう」と当初から没にする見込みだった実験作でした。

かつてエスプガルーダというゲームの楽曲制作を担当させて頂けたおかげで一躍知名度が上がったような気がしているのですが、
とはいえ元来tranceミュージシャンだった等というわけではなく、
どちらかというとピアノばかり弾いていた人がちょっとだけDTMかじったような、そんな感じでした。
三十路半ばを過ぎた今でもなお「tranceってのも難しいねぇ」と思っているのですが、
この没曲は「tranceにおける禁忌」に挑んだ物で、結果は惨敗でした。

The Greatest Conflictはこの禁忌を回避する事無く、
真っ向から「技術と雰囲気で何とかなるのではないか」という新しいアプローチの元生み出された
まさに「偉大なる先人達への背反」という最悪なテーマの楽曲です。

少し専門的な話になりますが、
つまるところtrance、特にCarte Blanche以降のようなtranceシーンは「ストイックなカッコ良さ」と「泣き」を追求した物であり、
これらと相反するような音楽性というのは概ねタブーではないかと思います。
例えば「オシャレさ」を追求するであるとか、ノイズ音楽であるとか……。
で、これらの一端になるわけですが「およそジャズや近代クラシックのようなテンションコードもりもりの音楽は多分tranceに出来ない/ならない」という命題で、一つ没曲を書いたわけです。
だってトライトーンとか連発するんですよ。無理でしょ絶対。


こんな感じの動きは、バロック的な古典クラシックであるとかジャズであるとかプログレとか、
でなければ近現代クラシックでもなければあまりやるべきじゃないんです。ぶつかりますから。
で、こんな感じの音になります。
 ……これでも「割とまともに聞こえる箇所」なんです。実際もうちょっとキツい事やってます。


元来泣かせとかピアノ曲を書くたびに恥ずかしくて穴を探したくなるようなそういう性分だもので、
Antique - Legacy - Requiemというピアノ3連作をテーマに持ってくるのがどうしても憚られまして、
ならいっそ「1曲目からクライマックス感でも出していくか」と、そういう魂胆でもあります。
アルバム名もSAYONARAですから、出し惜しみしない、現時点で最高のswitchworksを堪能して頂く為に、
まさに理想の楽曲になったかと思います。
電子の海 / 電子の宙 / nocturnal type などのtrance楽曲よりも更にswitchworksらしいtrance楽曲、お楽しみに。


たぶんiTunes他でもリリースするよ!

2016/12/24

Say Ya

お久しぶり。みんなのグラサンだよ。

12/24はみんなのグラサンことswitchworksさんの誕生日です。
いよいよ35歳になっちまった。

そんなわけで(?)誰が祝わずとも世界中が私を祝福していると毎年考えているので、
むしろ私からメリースイッチマスプレゼントを。大量に。えぇ大量に。

※長いこと私生活が荒れっぱなしで「最近あのグラサン大丈夫かしら」とか言われがちだもので
「大丈夫じゃないけどまぁ大丈夫」という所信表明的な。



  1. Legacy 161030
    Deemoという音ゲーでややウケたかもしれない、switchworks史上最も泣ける(?)楽曲を貴方へ。
    M3時点でのWork in progress的な作品ですが、完成版の全体像は見えてくるかと思うので
    良かったら聴いてやって下さい。
    ※悲しい事故により全ての音を作り直しています
  2. Dusk2 / Dusk2d (2015年時点のProto type)
    「電子の海」というアルバムに収録されていた「宵闇」という楽曲の続編。
    早くちゃんと作れ案件ですが現状でも気に入ってはいるのでそろそろ時効という事でネットでもリリース。

  3. Iscariot
    2003年制作のダサダサトラックなのですが、何故かこういうDTMダサい音楽がいまだに大好きな所があって、十数年ぶりに作り直してみました。
    適当に笑い飛ばしてあげて下さい。
  4. 各種ゲームアレンジ
    主にPulse Therapyさんへの提供楽曲か、
    ラスボスとかスクウェアとかでまとめた時の。或いはTwitterとかで垂れ流してたのとか。
    珠玉かもしれないし吐き捨てかもしれないので雑にお楽しみ下さい。


・え、なにこの放出っぷり、変なフラグとかじゃないの?という方へ


変な事を考えて良いような身持ちではなくなりましたし、
むしろ「やって良い事」に強く制限がかかっておりますので、
しばらく私は「しがないミュージシャン風」である予定です。
少なくとも今すぐ雇用してもらえるゲーム会社さんですとかパトロンとか愛人とかそういうのがヒョッと現れたりはしないですからねぇ。リアルなお話でした。


・Patreonとかしないの?同人とかフリーランスでメシ食えば?


自分の出力に大変自信が無いもので多分ムリでしょう。
(もっと言うと営業能力もヘタレ)
よく「大体3時間で作曲」とか宣っておりますが、実の所それ以前に脳内で100時間くらい練ってる気がしますもんで、
結局出力悪いほうじゃないかと思っています。



そんな感じで皆様良いクリスマス/週末/年越しを。

2016/05/18

antiqueとLegacy

序盤だいぶアレな話ではありますが私にとっては割と日常茶飯事なお話です。


Deemoという音ゲーに提供したLegacyという楽曲が世界中で一定の評価を頂いているようで恐縮しきりです。
というのもこの曲は「どうせ君らこんなんで泣くんだろ?ん?」みたいないわば「泣き系を小馬鹿にしたような態度」で作っていた面がある為、「最高です」「泣いた」とか言われる度に「デスヨネー」と心の中で何度も唱えていました。
……これは決して悪意による物という話ではなく、私が常日頃から意識している「狙って行う偉業よりも、自然体に出てくる物のほうが更に凄いはずだ」というテーマを体現してくれたからに他なりません。
私自身もfeelを始めとしたいわば「癒し系音楽ブーム」近辺の音楽はかなりの数聴いていて、もう今そういう発注が来ようもんなら「まーた癒し系」とか小馬鹿にしながら作曲するかと思います。
言葉にするのが難しいのですが、すぐに目障りになるような「あざとい」にならずに「結果あざといなぁ」というあたりを狙いたかった、という事です。これは難しい事だと思います。


本題へ。
このLegacyという楽曲、実は連作のつもりで、ピアノ3部作の2作目、という位置付け(……のつもり)でした。
あげく3作目に至ってはほとんど脳内にも空っぽなので連作もクソもあったもんじゃないのですが、
実は最初の曲は大枠は完成していて、
昔ネットラジオめいた事をやっていた頃に何度か流した事があったのと、
とある先輩の結婚式で私自身がピアノで生演奏させて頂きました。
これがその曲「antique」です。


antiqueとLegacyで描こうとしたテーマは実はほとんど違いがありません。
違うのは「視点」です。
……なのでもし私がきちんと3曲目を書いたとしたら、それが一番重たくて暗い曲になるだろうな、とずっと意識していました。
曲名すら浮かんでないんですけどね。

antiqueは「とても大事な/大事にしてきた物」という曲です。……のつもりです。
私にとってもとても大事な曲になっているので、いつか別の形でお目見えするはずです。
Legacyの更に拡大された物も準備中ですので気長にお待ち下さい。気長にね。

2016/03/08

真・女神転生IV FINALは遊んで損しないRPGだ

正直ネタバレ注意が多すぎてなかなか紹介しにくいのですが、
そんな中でも「これが良かった」という点を上げていきたい。

  • 前作(真・女神転生IV)を遊ぶ必要は無い
    大体モノローグで語られるし単語の解説入ってますんで安心。
  • ある意味真・女神転生シリーズではない
    古いファンで3や4を遊んでいない方は月齢が無かったりマグネタイトが(システムとしては)無かったりで
    驚かれるかもしれません。
    そんな事よりも「ルートありきのマルチエンディングなのに脇役キャラが裏切らない」という点を推したい。
    従来の真・女神転生は「お友達がなんだかんだで宗教上の理由によりそっぽ向いたからとりあえず全員殺そう」みたいなゲームでした。特にN狙うと完全にこれ。
    今回は全体の流れとしてチーム行動みたいな所があって、どちらかというとパーティ合流時にかなり宗教上の問題を抱えているメンバーが多いのですが、
    なんだかんだで「でもリーダーを信じたい」みたいな流れになる感じがあって、
    なんかこういう「複数人と共有出来る達成感」てこのシリーズに無かったかもしれない、と不思議な感動を覚えています。
  • オウチカエル
    ゲーム内での時系列の問題やボス戦後のバランスを考慮してか
    適時「今日はそろそろ自室へ帰って寝よう……」みたいな流れになります。
    いかんせんメガテンなんて絶望に絶望を塗り重ねるようなシナリオなので、
    このちょっとオウチカエルがとても癒やされます。そういやあまり無かったかも。
  • 難しいのベクトルが正しい
    (難易度が大戦でなければ)そんなにモト劇場しません!!(最悪出会い頭から一方的に全滅させられるの意)
    どちらかというと「ボリュームが過激」「終盤必要になるこちらのレベルやラスボスのレベルがヤバい」といった意味で高難度。バランスはむしろかなり良いかと。
    ラストダンジョンは死んでしまえ
  • 新規悪魔がエロい
とはいえ悪い点も当然無くはないです。
  • マルチエンドの幾つかのシナリオに問題がある
    「それは前作のエンディングくっつけただけでは」「それは前作ry」
    「なんでここへ来ていきなりヒール決めこまなきゃならんのよ……」の3本でお送りします。
    主人公の選択が基本プレイヤーに委ねられる為、プレイヤーが持っていきたいシナリオ以外は大体納得出来ないかと。
    おまけに「納得出来るわけがないルート選択」をするとかなりキツいペナルティがあるようで……エグいよナバールさん
  • ペルソナにしか見えない
    絆だの覚醒だのお前ペルソナしたかっただけちゃうかと
  • 某ルートでラスボスに挑む理由付けが決定的に弱い
    ボーナスステージですかSTEVENさん
  • これ真・女神転生IIですよね
……んーまぁでも凄く良かったですよ。貴方も是非。

2016/02/19

KORG Gadgetを利用してiPhoneでTRITONの音を鳴らそう

※2016/2/23ぐらいまで軒並み半額セールやってるからみんな買え!
iTunes Cardも今安いよ!



KORG Gadgetを御存知ですか?
iOS(iPhone/iPadなど)上におけるDJシーンはかなり早い頃から広まりつつありましたが、
なかなか決定打に欠けたiOS上のDAWシーンに大きな波紋を落としたアプリとなりました。
特にGadgetの為だけに新規に作られた各種モジュールの音の良さに
あちこちで「いいからVSTi版出せ」という声が……はい私です。

このKORG GadgetはiPadアプリだったのですが、
2016/2/16のアップデートでiPhone上でも起動出来るユニバーサルアプリになりました。

さてこのKORG Gadgetというアプリの特徴的な機能として
「KORG Moduleというアプリがインストールされているとそれを音源モジュールとして呼び出せる」というのがありました。
このKORG Moduleの2016/2/16のアップデートで「TRITON Best Selection」という最高に魅力的なライブラリ(有料DLC)が追加されました。

KORG TRITONを御存知ですか?
1999年にリリースされたKORGのフラグシップな音源/鍵盤で、
上位モデルはYAMAHA OEMなウェイテッド鍵盤(……これ確かなソース欲しいなぁ……)が実装されている、とても優秀な三匹の子豚でした。
ゴン太い音が特徴的でもうアコギとか「これ絶対アコギじゃねえよw」みたいな音出ます。嘘みたいですが本当です。太いよトライトンさん。


結論、iOS上でTRITONの音を使って作曲が出来るようになってしまったのです。つおいぞ。

ただし大きな問題が発生しております。
GadgetはユニバーサルアプリなのですがModuleはiPad版とiPhone版が別アプリで、おまけに
DLCが利用出来るのはiPad版Moduleだけなのです。

とはいえ公式blogの2.0新機能をきちんと隅から隅まで読むと
「iPhone上でも条件が揃えばTRITONを鳴らす事が出来る」のです。ウハハ。
……しかし説明が分かりにくい上事故りやすいので手順をまとめる次第です。みんな買え。


・前提条件
  • iPadが必須です。
  • iPadとiPhone/iPodTouchに同じAppleIDで(一時的にでも)ログインする必要があります。
  • Gadget及びModule iPad版が必要です。買え。
・手順
  1. iPadのModule上でTRITON Best Selectionを購入します。
  2. iPad上のGadgetで「Gadget from KORG Module」が利用出来るようになったのを確認します。
  3. iPhone/iPodTouch版Moduleを購入している場合一旦削除します。(こっちが優先的に呼び出されて後で事故る)
  4. iPad及びiPhone/iPodTouchを同じWiFiに接続します。なるべく自宅でやろうな。
  5. iPad及びiPhone/iPodTouchで同時にGadgetを起動します。
  6. iPhone/iPodTouch側のGadgetで「Gadget from KORG Module」を選択、右下に「リモート・インストール」と表示されたら成功
    (Moduleがインストールされている場合Moduleを呼び出して謎の不発に終わります)
  7. リモートインストールします!おめでとう!

……えーなんでこんなに分かりにくいのこれー。
やっぱりModuleがユニバーサルアプリじゃなかったのが痛いよね。痛いです。
でも逃げ道作ってくれただけでとりあえず神がかってるし
本当に良い音するんでオススメです。iPad持ってたらすぐ買え。
ついに置いてかれた感が強まったのでYAMAHAさんもMU2000のVSTi版宜しくお願いします。本気で。

2015/09/06

没:ミカドサントラ試作

ミカドサントラというお仕事があったのですが、
いかんせん与えられたテーマが「ゲーセンミカド」だけで
本当に「何したら良いのこれ」状態で
とりあえず語感とか語呂合わせで幾つか試作した中の一つです。
 
……やっぱり適当に作るもんじゃないですね、と思いつつ
「まぁ超恥ずかしいまではいかないかも?」とも思ったので公開。
明日の朝後悔しないといいな。

2015/06/18

eternal force 解体新書

実はCytusというゲームの仕事を請ける事になった理由の一つに「Mozarc」というゲームがありまして、
私ことswitchworksはこのMozarcというゲームに3曲ほど楽曲提供しております。
それぞれ「defense mode」「nocturnal type」「eternal force」という曲で、
特にこのnocturnal typeは後にCytusでもリリースされたので御存知の方もおられるかもしれません。

ところで私「割と手が早い」事で有名で、いえ別にスケベ一発とかそういう話じゃなくて、
商業音屋として「コストパフォーマンスが良い」と言われております。
では「どれくらいの速度で楽曲を作るのか」或いは「実はどれだけ手抜きをしているのか」というのを
赤裸々に公開してみようか、という次第です。
(ちなみに記事のタイトルは私の敬愛する久保田修氏の「Presto解体新書」に倣いました)

というわけでこれが初版のeternal forceになります。
……ところでMozarcというゲームでは「ジャンル名もこちらで指定して構わない」という音ゲーマーなら垂涎モノの契約内容であった為、
nocturnal typeは普通にtranceでしたがdefense modeを「hattendam techno」と指定したらマジでそのまま使われたようです。衝撃的ですが商業ベースでは世界初ではないでしょうか。たぶん。
で話を戻しますとこのeternal forceですが、初版の時点では「(climax core)multifractal」と書かれています。……うわぁ……
二つテーマがありまして「指示されてないのにボス曲になってみたい」「中二病感をプッシュしていきたい」というそういう曲でした。(その点でもこの曲名はダメ)
ボス的にやはり速いBPMを、という事で「速いBPMできちんと音楽になっている事」を中心に脳内で組み立ててから、ここまで3時間ほどで打ち込んでいます

その初版の「メロ/ギター/ベースのみ」にしてみました。
こうするといかにギター(特にコードの奴)がやっつけで適当で全然ギターしてないかが分かります。

初版の「ギター以外」です。あのダサいギターに比べると割とマシです。
ただバラしてみると「案外どこもかしこも手抜きだな」と分かります。(※分かる人には最後まで分かる)

まぁとにかくギターが酷過ぎるのと、この曲において割とギターが重要な位置を占めてしまったので
検討に検討を重ね相談した結果ぶらはさんにお願いする事になりました。結果としては大成功でした。

完成版です(出すんかい!)
今聴くとだいぶミキシングが酷いのですが、まぁ初版と比べて頂くとあちこちの迫力とかが違うのが
分かって頂けるといいなぁ。いいなぁ。
あと実はドラム、特にキックあたりが難易度を重視して異常なまでに変えてあります。
恐らくこの最終版までのトータル作業時間が9-10時間くらいかと思います。

そんなわけで(?)3時間くらいである程度全体像を作り切ってしまうのが私の作曲スタイルです。
モチベーションが途中で急激に落ちやすい性格なもので、それを保つというか持ち上げる為に「ある程度聴ける」を早めに目指しちゃうんですね。メンタル弱すぎ。
ただ手馴れてくるとこれくらいの段階までは一気に書けるんですよ、というお話でした。参考にならんなこりゃ。
eternal forceが気に入ってくれた方はiTunesとかbandcampとかでフルバージョンを買ってくれると嬉しいです。ほんのりお小遣いになります。

2015/02/25

FM音源爆音会8 switchworks mix


FM音源爆音会8での私のプレイ内容を再現した物をニコニコ動画で公開しました。
映像についてはまぁ全て拾ってきた物の転用なわけですが、
音楽に関しても概ねそういう事なんでまぁただの趣味の範疇として捉えて頂けますと幸いです。多方面へ感謝せねば。

とはいえ「爆音で音楽を聴く」のも良いのですが、
「好みの環境で聴く」のも楽しみの一つかと思います。
特にUrbzの「GBA内蔵音源とは思えない音質」や、
EPIC PINBALLの骨太なMODなど改めてお楽しみ頂ければ幸いです。

あ、Satellite Oneはまるでゲーム関係無いですね、すいません。MOD大好き。

2015/02/06

YAMAHA MU2000のページを公開しました

20年以上お世話になっているYAMAHA社を何とかヨイショしたくて、
販促にこそならないけれどもYAMAHAの音の素晴らしさを世に広める為
MU2000のデジタル録音データを公開してみました。

MU2000

ライセンスなど詳細はリンク先に。
個人的にはSC-8850でも敵わないリバーブの高品位さと
高音の伸びの良さをこそ聴いて頂きたい。
あとそもそも曲が良い。

マスターリバーブのパラメータを弄ったりしないで十分高品位なのは
Rolandには真似出来んべ、と思っていますが
鍵盤楽器以外、特に木管や弦楽器はちとデジタル臭すぎるかも。
どちらにも良さがありますよね。

---
02/11追記
比較用にS-YXG50で鳴らしたStorms Over Jupiterも公開しました。

2015/01/09

M3-2015春の予定について

何とか申し込んだので落ちてなければ出ます。
新譜出す予定です。
そんなわけで十数年前の「宵闇」という曲の続編にあたる
Dusk2という曲を鋭意製作中です。
(あとremix頼んだりとか)
DAW講座の中で何となく思いつきとか勢いで作っていた楽曲なんですが、
思ったよりも悪くない感じになってきたんで今回はこれで行こうかと。

またせっかくなんで(間に合えば)nocturnal typeの新remixとかも入れたいな、と思っているので
そういうファンの方の需要にも何とかお答え出来ると良いデス。

勿論オンライン配信も検討しますがまだちょっと未定かな。
先に出したいアルバムがあるのでそっちが優先されるような気がします。
多分皆様お待ちかねの物だと思うんでPC買ったらやります。
(DAW環境用PCが無くなってはや2年くらい……)


まぁ何が言いたいかと言うと早くGTAVの推奨スペック発表しろって事です。